特徴・分布

アクティノプテリス オーストラリアスの名前で売られていたけど、学名はラディアータが正しいみたい。650円だった。
Wikipediaによると、「マダガスカル、アラビア、イラン、アフガニスタン、ネパール、インド、スリランカ、ビルマ、オーストラリアで広く分布するシダ」とあった。岩の隙間など陰ったところを好んで生息している。
育ててみて感じたのは、水分と低温に敏感なこと。冬期油断してると一気に調子を崩すので、水切れさせないよう注意が必要。耐陰性が高いので日当たりはそんなに気にしなくて大丈夫。


2023年5月4日

なんとか枯れずに済んでる。冬季の低温と乾燥は要注意。強い光はまずそうだから日陰で管理。


2023年7月5日

葉は増えてきたものの伸びずに生え変わってる印象。乾燥しないよう注意。水はじゃぶじゃぶあげて問題ないけど、水が溜まるのはよくなさそう。


2023年8月12日

ようやく元気そうな草姿になってきた。温度が原因だとすると30℃近くないと本調子が出ないのかな。低温は10℃くらいまでなら耐えられるって感じかな?


2023年9月28日

そこそこ満足できる姿になってくれた。手前に伸びてる葉だけ大きいのは肥料のタイミングが良かったのかな〜?尿素(1000倍)の葉水が効いたのかもしれない。


2024年6月20日

この一年、どこか調子が出ない感じでコツが掴めなかったけど、近頃導入したジメジメ系水槽に入れたら俄然調子が良くなって湿度不足だったことを確信した。
用土を粒状の有機用土で適度に水捌けが良さそうな黒土に変更してみる。見た目も良い。


コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA