P. hillii #4

普段やってることは水やりだけでさほどの工夫もしていない。勝手に育ってくれているわけだ。サイズ的にも可愛らしいんだけど、少々いびつな印象を受けるのは私の育て方が悪いのか、この子の特徴なのか。質感が硬そうに…

ビカクシダ(P. stemaria)の苔増し作業

この子を親株から株分けしたのは2021年11月だから、約10ヶ月で成人男性の掌サイズまで成長したことになる。根元がグラついてきたしそろそろ苔増しすることにして、ついでに板裏の穴に顔を出した子株の株分けにも挑戦してみる。小さすぎるので失敗するかもしれな…

P. alcicorne #3

2022年7月25日変なポーズをとってるけど、育てているとなんだって愛着が湧くんだなあ。よそのアルシコルネは胞子葉がもっと上向きにピーン!と伸びていて、うちの子はやる気なさげ。…

P. ridleyi #3

新しく伸びている胞子葉が変な方向を向いてしまっているけれど、元気だからま、いっか。原因は光量だと思う。真上からアクアリウム用のライトで照らしているけれど、窓側の光を感じ取ったんじゃないかな。効率よく強い光を当てられるライト…

ソテツを種から育ててみる

大きなソテツに生ったまま芽が出ている実。ここに付いているってことは去年の実だろうか。薄皮の隙間にカビのようなモノ。それから虫が数匹出てきた。ベンレートをかけながら薄皮を剥…

セッコク #3

屋外で育てているセッコクは上向きに成長し、室内では下向きに成長している。夏期に入ってからはどちらも屋外に出し、毎朝水やり。午前中は直射日光が当たるけれど正午以降は明るい日陰になる場所、だから遮光ネッ…

P. grande #1

園芸店で購入植物を購入するつもりじゃなかったけど、鉢植えのグランデが安かったのでついつい…。ハンギングにしたかったので、鉢植えで真上に伸びて邪魔になる貯水葉をカット。2022年5月26日立派な角にな…

ヤチゼニゴケに会うため、長野県まで行ってきた。

ことの始まりは2020年7月、Twitterのタイムラインに一枚の画像が流れてきた。何気なくヤチゼニゴケではなかろうかとツイートしたことが発端となり、60年ぶりの新生息地発見に繋がった。ヤチゼニゴケは、国内で確認されている生育地が今回の発見地…

P. stemaria #5

お暑うございます。植物には恵みの梅雨がやってきたけれど、えらく久しぶりな気がする。全く自信のない私の記憶だとここ2年くらい梅雨がなかったんじゃなかろうか。親株昨夏、外に出しておいたら…

誰も住まなくなった集合住宅

昔ながらの団地みたくエレベーター無しの3階建。現在は蔦に覆われ廃墟の様相だ。今から約46年前、昭和51年頃から人が住みはじめた。最後の住人は1階に住んでいたけれど、高齢者施設に転居したため現在は全戸空家になっている。い…

P.coronarium philippines #1

vandaka plants in SANTAANA garden 2022 へ行ってきた!福岡で唯一(?)のビカクイベント。今年の開催情報を目にしたので行ってきました。お店の方から「今年も仕事を抜けて来たんですか?」と聞かれ、よく覚えていらっしゃる…