2021年11月30日

ホームセンター(カインズ)で購入する。
子株無しの単体。
着生を狙ってコルクに付けてみる。


2023年5月1日

2022年4月14日に子株の出現を確認。
ゆっくり大きくなって現在に至る。


2023年6月21日

着生する気がないようですね。
見えているのは買ったときから生えてる根。


2023年9月9日

子株が親株を超えた。
チランジアは盛夏を過ぎた頃から動き出したので、液肥や有機肥料(粉末)をガンガン与えはじめる。


2023年11月7日

随分と大きくなってくれてる。子株が親株を超えるのは当然なのかな。先端が伸び始めているのはなんだろう。


2023年12月13日

やっぱり花がきてた。


2024年1月1日

開花。肉眼だともう少し赤みが強い。交配してみたいんだけど、チラは同亜属でないと受粉しないと言われていて、我が家で同亜属はイオナンタのみ。残念ながらとっくに咲き終わってる。花粉を冷凍保存する方法もあるようなので、来年は挑戦してみようかな。亜属間交配も不可能ではないけれど、相性があって、成功率も低いんだって。チラ好きの方々がいっぱい持ってる理由はこれかもしれない。


コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA