春なのに風が冷たい卯月の始まり。

花粉はスギからヒノキに変わり、改めて苦しめられています。
憲法改正するよりも先に、スギとヒノキをなんとかしてほしいと思うほどです。

初春のビオトープ

ついに春が到来し、我が家のビオトープにも少しずつ変化が現れました。

火鉢

f:id:attohina:20190402144954j:plain
相変わらずスマートフォンで撮影しているため、水面の反射を解消できません。
メダカの動きは良好で、先日抱卵していましたがどこに産みつけたのかは不明です。

睡蓮鉢

f:id:attohina:20190402145255j:plain
こちらは植物から春を感じられます。

f:id:attohina:20190402145340j:plain
ホウオウゴケ(右下)は枯れていくものが大半でしたが、頑張ってくれています。

f:id:attohina:20190402162222j:plain
シノブゴケ(中央)は年中綺麗な黄緑色です。

f:id:attohina:20190402162345j:plain
アオウキクサは放っておけばどんどん増えます。
ウチワゼニクサも暖かくなり成長速度が早まってきました。

余談

青水(グリーンウォーター)が作れなくて悩んでいます。もう少し暖かくなってからのほうが良いのでしょうが、緑の水では無く、緑の沈殿物ができるだけなのです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA